top of page

夏の暑さを乗り切る工夫


エアコンの室外機に日よけをつけて省エネ!


暑い夏を少しでも快適に過ごすための工夫をご紹介します。

夏の暑さが厳しくなると、エアコンをフル稼働させることが多くなりますよね。しかし、その分、電気代が気になるところです。そこでおすすめなのが、エアコンの室外機に日よけをつけることです。


〇エアコンの室外機に日よけをつけるメリット

  • 省エネ効果: 直射日光を防ぐことで、室外機が受ける熱を減少させることができます。これにより、エアコンが効率的に稼働し、省エネ効果が期待できます。

  • エアコンの効きが良くなる: 室外機が熱を持たない分、エアコンの冷却効果が向上します。結果として、お部屋が早く涼しくなります。

  • エアコンの寿命が延びる: 室外機が過熱しないことで、エアコン全体の負荷が軽減され、故障しにくくなります。


〇日よけの取り付け方

簡単にできる方法として、以下の手順を参考にしてください。

  • 場所の確認: 室外機の設置場所を確認し、日光が直接当たる部分に日よけを設置します。

  • 材料の用意: 日よけ用のシェードや遮光ネットを用意します。ホームセンターなどで手軽に入手できます。

  • 取り付け: 室外機の上部や側面にシェードを固定します。この際、風通しを確保するために、シェードと室外機の間に少し隙間を作ることを忘れないでください。


〇注意点

  • 室外機の通気口をふさがないようにしましょう。通気が悪くなると、逆にエアコンの効率が落ちてしまいます。

  • 日よけの設置後も、定期的に室外機のメンテナンスを行い、ゴミやホコリがたまらないようにしましょう。


これで、エアコンの効率を上げつつ、省エネにもつながります。暑い夏を少しでも快適に、そしてエコに過ごしましょう!

皆さんもぜひ試してみてくださいね。



Comentários


bottom of page